ベテラン一輝が直樹の連勝をストップ

 

【RISE】ベテラン一輝が直樹の連勝をストップ

2017年1月28日(土)東京・後楽園ホール

直樹(右)と延長戦にもつれ込む激闘を繰り広げた一輝(左)

 

▼セミファイナル(第8試合) ライト級(-63kg) 3分3R延長1R
一輝(いっき/OGUNI-GYM/NJKFスーパーライト級3位、元NJKFライト級王者)
延長R 判定2-0 ※10-9、10-10、10-9
●直樹(BRING IT ONパラエストラ葛西/同級3位)
※本戦の判定は三者とも29-29

 24歳の直樹は6連勝で、RISEライト級王座挑戦に最も近い位置にいると目されているホープ。対する一輝はNJKFで活躍する33歳のベテランファイターで、2010年にNJKFライト級王座を獲得した実績を持つ。RISE初参戦となった昨年3月の第3代RISEライト級王座決定トーナメント1回戦では、元WMAF世界ウェルター級王者・水町浩にTKO負け。今大会が2度目の参戦。

 1R、直樹のジャブがカウンターで鋭くヒットし、一輝は早くもグラつく。直樹はパンチの連打でラッシュを仕掛け、右ヒザ蹴りも決まると一輝は嫌がる素振りを見せる。劣勢が続いた一輝だが、時折強い右のパンチを返す。

2R、今度は一輝の右フックがクリーンヒットし、直樹はガクッとヒザを折る。直樹はボディへのヒザ蹴り連打で応戦するが、一輝の重い右のパンチが直樹の顔面を捉える。

 3Rになると直樹は徹底してボディへの攻撃。パンチ、ヒザ蹴りを突き刺していくが、一輝は構わず前へ出て攻める。残り1分で一輝が手数を増やして連打を繰り出し、盛り返して判定はドロー。

延長戦へ突入すると直樹が右フックで一輝をグラつかせる。さらに右フック、左ヒザで畳み込もうとするが、一輝は左右のパンチを出しながら前へ出る。

 スタミナ切れが明らかな直樹に一輝が接近戦で右アッパー、右フックを決めて直樹を仰け反らせ、最後まで攻め込み一輝が判定勝ち。

一輝はマイクを渡されると「喋れないです」と精根尽き果てた表情。息を整えると「2年前、RISEに出て負けてしまったのでそのリベンジが果たせてよかった。でも直樹選手はむちゃくちゃ強かったです。今まで経験した延長Rで一番きつかったです」と直樹を称える。

 そして、「リングに上がるのは毎回めちゃくちゃ怖いです。今日も朝からいつも通り怖かったです。(そんな自分を)応援してくれてありがとうございます。これからも頑張ります」と、まだまだ現役で頑張っていくと宣言し、大きな拍手を浴びた。

 
記事は e-Fight【イーファイト】より抜粋

 

slider-bl2

per-ban




尾下

練習のあとは... 「まかない家こうちゃん」



「レガル東京」



外からのアンチエイジング 「iL BRiLLE」



「整体&ヨガ教室 ニューエイジ」



もしもの怪我には 「このはずく接骨院」