松本光史が圧勝防衛!岡野裕城を1RKOで下す

pin-1YAHOO!ニュース
松本光史、ライト級王座初防衛!「僕は次のステップに進む」

pin-1AbemaTV
プロフェッショナル修斗 後楽園ホール大会 2018.3.25

 

【修斗】松本光史が圧勝防衛!岡野裕城を1RKOで下す
 

尾下塾MMAクラストレーナーもつとめる世界王者松本光史選手
尾下会長セコンドのもと、後楽園ホールにて

修斗世界ライト級チャンピオンシップ
1ラウンドKO勝利!!
 

初防衛おめでとうございます!!
 

会員・スタッフ一同、益々のご活躍を応援しています!
 


 

 

以下、記事は e-Fight【イーファイト】より抜粋
 

「プロフェッショナル修斗公式戦」
2018年3月25日(日)東京・後楽園ホール

岡野(右)をパンチ連打で追い込む松本(左)

 

▼第9試合 メインイベント 修斗世界ライト級チャンピオンシップ 5分5R
松本光史(フリー/修斗世界ライト級王者)
KO 1R3分07秒
●岡野裕城(マッハ道場/同級6位/挑戦者)
※松本が初防衛に成功

 2016年4月に世界王者となった松本が王座初防衛戦に臨む。安定感ある実力を持つ松本に挑むのは名王者・桜井“マッハ”速人の弟子で、攻撃力ある打撃で戴冠を狙う岡野。

「勝つならKO」と戦前に語った岡野は、その意気込み通りにジャブ・前蹴りといった距離の長い攻撃を繰り出し前に出る。

 やや先手を取られた松本だったが、次第にこれに順応するとローを入れて岡野を止め、上体を振ってかく乱する。

そして踏み込んでの右クロスを当ててダウンを奪うと、岡野はすぐに立ち上がったが松本はそこを逃さずラッシュを浴びせる。倒れずこらえた岡野だったが、反撃の手が出ず防戦一方となりレフェリーは試合をストップ。

 初防衛を果たした松本は「チャンピオンとして認めてもらえましたでしょうか」とファンに呼び掛け、「歴史ある団体のベルトを巻いている1人として、次のステップに進みたいと思います」と、含みを持たせた今後の意気込みを語った。
 

 

pin-1YAHOO!ニュース
松本光史、ライト級王座初防衛!「僕は次のステップに進む」

pin-1AbemaTV
プロフェッショナル修斗 後楽園ホール大会 2018.3.25


contact1

尾下
oj-taiken-ban

oyacom-ad2


練習のあとは!
『まかない家こうちゃん』



外からのアンチエイジング
『iL BRiLLE』



オーダースーツをもっと身近に
『order suit navy』



厳選ワインとこだわりのイタリアン
『レガル東京』



整体&ヨガ教室
『ニューエイジ』



もしもの怪我には
『このはずく接骨院』