石渡伸太郎選手、パンクラス・バンタム級王者、5度目の防衛に成功

 

【パンクラス】石渡が最強挑戦者との激闘制し、5度目の防衛に成功

4R、上からパンチを叩き込む石渡。序盤の劣勢を取り戻した

 

パンクラス
「PANCRASE 287」
2017年5月28日(日)東京・ディファ有明

▼メインイベント 第8試合 バンタム級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ 5分5R
石渡伸太郎(CAVE/パンクラス・バンタム級王者)
判定3-0 ※三者とも48-47
●ハファエル・シウバ(ブラジル/ASTRA FIGHT TEAM/パンクラス・バンタム級1位・挑戦者)
※石渡が5度目の防衛に成功。

 王者・石渡は、昨年7月の『PANCRASE 279』で、元UFCファイターのジョナサン・ブルッキンズとの再戦でリベンジに成功して以来の試合となる。

「試合から遠ざかっていたので、存在感を示したい。立っている時間が長ければ俺が勝つし、寝てる時間が長ければ向こうが勝つでしょう」と試合前に語り、「わざわざブラジルから来てくれて、会見にスーツまで着てきてくれた。尊敬の念を込めて叩き潰します」と必勝宣言。

 一方、シウバは、28勝5敗という戦績のうち13のサブミッション勝ちと8つのKO勝ちがあるが、「俺は寝技師だと思われているが打撃も出来る。あらゆる局面で戦える」と語っていた。

1R、試合が始まるとシウバは予告通り打撃で攻め、強烈なローキックを石渡の内ももに入れていく。これで石渡の脚が大きく外に流れるシーンが何度も見られた。

 そしてシウバは金網に石渡を押し込み、バックをキープ。そこからテイクダウンに成功し、すぐさま首を獲りに行く。大ピンチと思われた石渡だが、うまく防御し、上下を入れ替える。だが、シウバはしつこく密着し、再びバックについて、この状態をキープして攻める。1Rはジャッジが3人とも10-9でシウバを支持した。

2R、またもシウバも右のインローがヒット。そしてシウバはテイクダウンに成功し、上を取る。石渡は下から両脚をシウバの片脚にからめ、ハーフガード。シウバは上からパウンドを落としていく。石渡も下からパンチで反撃するものの、シウバのパンチで左目が腫れる。

石渡が両脚をシウバの胴にからめてガードするが、シウバはこのガードの内側からパンチを落とし続けた。2Rもジャッジは3者とも10-9でシウバを支持。

 3R、非常にねちっこくテイクダウンを狙うシウバ。しかし、後半、石渡はグラウンドで上を取ることに成功し、パウンドの雨を降らせた。この3Rはジャッジ3者とも10-9で石渡のラウンド。

4R、シウバに疲れが目立つ。3Rでパウンドを落とされたダメージもあるか。石渡がまたグラウンドで上を取り、パウンドやヒジを落として攻め続けた。ジャッジは3Rに続き3人とも10-9で石渡。

 5R、シウバは疲れの色が隠せないが、それでもインローの威力は衰えない。これが石渡の内ももにヒット。しかし石渡は気にせず打撃で攻め込み、金網際の攻防に。シウバはしつこくタックルに行くが、石渡はこれを徹底して潰す。そして中腰状態のシウバのバックを奪い、激しい打撃を叩き込んで、この5Rも圧倒した。

決着は判定に持ち込まれ、ジャッジは3人とも石渡を支持し、3-0で石渡が勝利。みごと5度目の王座防衛に成功した。死力を尽くした激闘だった。

 ベルトを巻き、マイクを持つと石渡は「いつも皆が応援してくれるので、こんな強い挑戦者に勝つことが出来ました」とファンの声援に感謝した。会場では、特に子供たちからの声援も多く、最終Rは絶叫状態だった。

石渡はさらに、「世界の格闘技関係者の皆さん、俺が第2代バンタム級キング・オブ・パンクラシスト、石渡伸太郎だ」と吠えた。前半は挑戦者に攻め込まれて苦しい展開だったが、あわてず焦らず耐え抜いての逆転勝利だった。
 

 
記事は e-Fight【イーファイト】より抜粋
 

 

contact1

尾下
slider-8th4

oj-taiken-ban

oyacom-ad2

pers-kaatsu



練習のあとは... 「まかない家こうちゃん」



「レガル東京」



外からのアンチエイジング 「iL BRiLLE」



「整体&ヨガ教室 ニューエイジ」



もしもの怪我には 「このはずく接骨院」